免疫力を高めれば「病気」のリスクを減らせる!

免疫力が低下すると病気のリスクが高まります!

 

【免疫力】とは、身体の外部から侵入してくる「ウイルス」などの外敵や、身体の内部で日々生まれる3000以上もの「がん細胞」など抑制する力のことです。

 

よく免疫力が下がると「風邪が引きやすい」、「体調が悪い」、「病気が治りにくい」などの現象が現れと言われています。

 

もし、このような症状に思い当たるなら、【免疫力の低下】が原因かもしれません。

 

 

免疫力の低下が引き起こす現象

免疫力が低下すると一般的に次のような現象が出ると言われています。
  • ガンの危険性が高まる!
  • 肺炎などの病気になりやすい!
  • 風邪などのウイルス感染しやすい!
  • 疲れやすい!
  • 肌荒れしやすい!
  • 気分がすぐれない!

その他、さまざまな身体の異変が出てくる可能性があります。

 

免疫力が低下する原因

免疫力は、人が健康で生活する為には、とても大事なパワーなのです。

 

しかし、人の免疫力は、「体質」や「生活習慣」、「食生活」等で変化します。また、忙しい現代人は、免疫力が低下している人が多いとも言われています。

 

免疫力が低下してしまう原因として、主に考えられるのは、次の通りです。
  • ストレスの多い生活!
  • 外食など偏った食生活!
  • 睡眠不足!
  • 運動不足!
  • 加齢!

免疫力を高める為には、これらの原因を解消する必要があります。

 

免疫力を高める効果的な方法

 

免疫力を高め為の方法を「簡単」に解説します。

 

免疫力を高めるには。さまざまな方法がありますが、主な方法としては次のものがあります。
  • 腸内環境を整える
  • ストレスを貯めない・笑の多い生活
  • 十分な睡眠をとる
  • バランスの良い食事・食材
  • 適度な運動
  • 身体を温める・体を冷やさない

次から、各項目について解説していきます。

 

腸内環境を整える

実は、「免疫細胞」のほとんど(約7割)は、「腸」で作られると言われるほど、「腸の健康」はとても大事です。

 

免疫力アップにはとても重要なのが、この「腸内環境を整える」ことなんです。

 

腸内には、「腸内細菌」が多く存在していますが、「腸内細菌」には、「善玉菌」と「悪玉菌」の【2】つがあります。腸内環境を整えるには、「悪玉菌」を減らして「善玉菌」を増やす必要があります。

 

それにより、「腸内フローラ」を善玉菌優勢の状態にすることで、「免疫細胞」を大量に作り出せるわけです。

 

腸内フローラとは?

回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。
健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、「腸内フローラ」が一定のバランスが維持されていますが、逆に、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進んでアンモニア、フェノール、インドールなど人の健康に有害な物質が増えます。(出典:腸内フローラとは?

 

 

善玉菌を増やす為には、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」等のを摂取することが必要です。摂取の方法は、食品を食べる方法やサプリメントで摂取する方法があります。

善玉菌を増やす食品

  • ヨーグルト(乳酸菌、ビフィズス菌))
  • すぐき漬け(植物性乳酸菌:ラブレ菌)
  • 味噌(麹菌)
  • オリゴ糖(ビフィズス菌のエサ)
  • 食物繊維

上記の食品を、食べることで「腸内環境を整える」ことが期待できますが、実は、「乳酸菌」などは食品を食べて摂取したつもりでも、意外と摂取出来ていないのが現実です。

 

それは、「乳酸菌」は、「胃」でほとんど死滅してしまうからです。

 

その為、しっかり腸まで届く「サプリメント」などで摂取するのがオススメです。

 

 

ストレスを貯めない・笑の多い生活

ストレスは万病の元」と言われるほど、過度のストレスは人の身体に悪影響をもたらします。

 

ストレスにより自律神経の働きが、低下するとさまざまな臓器(腸等)の働きを低下させてしまいます。その結果、免疫細胞の生成も減ってしまい、免疫力は低下してしまいます。

 

ストレス解消には、「適度な運動」や「生活習慣の完全」などが必要ですが、なにより「気持ちの持ちよう」が大事です。

 

一つの方法として、「積極的に笑う」事が効果的です。「笑う」ことで「心」の余裕が生まれ「ストレス解消」につながります。

 

十分な睡眠をとる

睡眠不足は、身体の働きを低下させるとともに、ストレスにもなります。

 

「腸」の働きも低下して、免疫細胞も上手く生成できなくなり免疫力が低下してしまいます。

 

睡眠不足は、集中力の低下などの原因にもなるので、十分な睡眠を確保する必要があります。

 

 

バランスの良い食事・食材

バランスの摂れた食事は、健康には欠かせないものです。

 

免疫力を高める為には、「腸内環境を整える」為に、「ヨーグルト」や「オリゴ糖」等を食べるのが有効だと説明した通りです。

 

注意しなければいけないのは、「加工品」です。「加工品」には、さまざまな添加物が使われています。それら、添加物の中には、「腸内環境」によくないと言われているものもあるので注意が必要です。

食品添加物が体に及ぼす影響について

免疫力の70%は腸で生成されていると言われています。その腸内環境を大きく左右している腸内細菌が、保存料などの合成添加物を嫌うことがわかってきました。
 東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生は「食品添加物を含む食品を頻繁に食べている人の糞便は、決まって少なく、貧弱です。人の糞便の半分は、腸内細菌やその死骸です。ウンチが小さいということは、腸内細菌の数が少なく、働きも悪いことを表しているのです。」と述べています。(出典:食品添加物が体に及ぼす影響について

出来る事なら、外食や加工品ではなく、手作りの食事を摂るのが理想です。

 

また、アルコール類の飲み過ぎは、「腸内環境」を悪化させるので、注意が必要です。

 

 

適度な運動

適度な運動は、身体の新陳代謝を高め、身体の働きを高めてくれます。また、体温を上げることも免疫力を高める働きがあります。

 

さらに、ストレスの解消にも効果的なので、もし、運動を全くしていない方は、すこしでも運動を取り入れることをオススメします。

 

身体を温める・体を冷やさない

体温と免疫力には、大きな関係があります。体温が高い人ほど「免疫力が高い」ことが分かっています。

免疫力と体温には深い関係があります。自分の平熱より1度下がると免疫力は3割低下し、1度上がると5〜6倍アップすると言われています。よって、平熱が高い人ほど免疫力が高いといえるでしょう。ちなみに免疫力が最もよく保たれるのは、わきの下での体温が36.2〜36.3度、舌下なら36.5〜36.7度くらいです。(出典:体を温める

もちろん、高すぎる体温は、病気の可能性が高いので論外ですが、体温が【35度台】なんて方は、特に積極的に体を温める工夫をした方が良いかもしれません。

 

身体を温めるには、服装はもちろんですが、お風呂も効果的です。ダイエットの為だと思われていた「半身浴」もとても効果的です。週に2回程度が理想的のようです。

 

また、食事でも、身体を温めると言われる食材を多く鳥、身体を冷やす食品は控えめにするもの効果的です。

身体を温める食材(例)

  • 野菜:ショウガ、かぼちゃ、にんじん、ごぼう、たまねぎ
  • 果実:りんご、ぶどう
  • 飲料:紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶
  • お酒:赤ワイン、日本酒

身体を冷やす食材(例)

  • 野菜:トマト、レタス、きゅうり
  • 果物:マンゴー、バナナ、レモン、パイナップル
  • 飲料:緑茶、コーヒー
  • お酒:ビール、ウイスキー

 

 

腸内環境を整えるサプリ【おすすめランキング】

免疫力を高める為に「腸内環境を整える」のに効果的な、サプリメントを紹介します!

 

 

善玉菌のチカラの特徴

免疫力の高い元気な環境作りをサポート!

「ふじっ子」の昆布で有名な「フジッコ」の乳酸菌サプリです。

カスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌が善玉菌を増やして、腸内フローラを正常化して「免疫力」を高めてくれます。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌は、「クレモリス菌FC株」と呼ばれる、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

「フジッコ」では、10年以上も専門機関と「カスピ海ヨーグルト」の研究行っています。

価格 1806(初回限定)円
評価 評価5
備考 初回限定¥1806円(税別) 通常¥2362円(税別) 定期初回¥1088円(税別) 2回目以降¥2176円(税別)
 
 

生命の乳酸菌の特徴

7種類の厳選した乳酸菌で免疫力を高める!

善玉菌を増やして免疫力を高める乳酸菌を厳選して【7種類】を配合しているサプリです。

乳酸菌は、とても弱く、胃や十二指腸でほとんど死滅してしまうと言われています。その為、腸まで生きたまま届かせるように、酸や熱に強い乳酸菌を選んでいます。さらに、胃酸で溶けずに腸まで届く、特許製法「コーティングカプセル」を採用しています。

さらに、善玉菌の食料として善玉菌を増やしてくれる「オリゴ糖」も配合しています。

価格 500(定期初回)円
評価 評価4.5
備考 通常¥3300円(税込) 定期初回¥500円(税込) 2回目以降¥2970円(税込)
 
 

久光製薬 乳酸菌(EC-12)の特徴

乳酸菌EC−12が免疫アップをサポート!

久光製薬の免疫アップに貢献する製薬会社品質の善玉菌を増やすサプリです。

久光製薬では、生きた乳酸菌ではなく、あえて死んだ乳酸菌「死菌」を使っています。「死菌」は、胃酸や胆汁の影響を受けずに腸まで届き、善玉菌のエサとなって、善玉菌を増やす働きをきてくれます。その結果、免疫力を高める働きをしてくれます。

さらに、善玉菌のエサとなる、「オリゴ糖」も併せて配合して免疫力を高める効果をパワーアップしています。

価格 1810(初回)円
評価 評価4.5
備考 初回¥1810円(税別)
 
 

乳酸菌革命の特徴

話題の乳酸菌に「3大乳酸菌」をプラス!

乳酸菌の代表「ラクトバチルス」の6種類に、ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌を加えた乳酸菌がたっぷりのサプリです。

乳酸菌をしっかり腸まで届かせるために、酸や熱から乳酸菌をガードしてくれる「有胞子乳酸菌」を採用しています。

腸までしっかり届かせることで腸内フローラを元気にして、免疫力アップをサポートしてくれます。

価格 2880(税込)円
評価 評価4
備考 通常¥1880円(税込) 定期¥2730円(税込)
 
 

花菜の選べる乳酸菌の特徴

コンセプトの異なる乳酸菌サプリで免疫アップ!

コンセプトの異なる乳酸菌を2つのサプリで摂取する、新しいタイプの乳酸菌サプリです。乳酸菌は、多くの種類を摂取した方が、効果が高いとも言われています。

2粒に、ヨーグルト50個分の乳酸菌を配合し、その数は約5000億個とも言われています。圧倒的な数の乳酸菌を摂取できます。

まずは、1つが「うつくし美菌5000億」で「フェカリス菌EC−12」、「植物性ラブレ菌」、「ケフィア菌」が配合されている乳酸菌サプリです。

2つ目が、「すこやか健菌ナノ型」で、「植物性ナノ型乳酸菌」、「有胞子乳酸菌ラクリス」、「ビフィズス菌」などが配合されている乳酸菌サプリです。

価格 3000(定期初回)円
評価 評価3.5
備考 通常¥6300円(税別) 定期初回¥3000円(税別)
 

免疫力アップの鍵「腸内の免疫細胞(ナチュラルキラー細胞)」の働き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴