MENU

水泳で免疫力アップ

 

水泳は、ウォーキングと同じように、比較的手軽に行うことのできるスポーツです。

 

スポーツジムで水泳に取り組むことも可能なのはもちろんですが、区民プールや市民プールなどでもリーズナブルな金額で取り組むことができ、続けやすいことは間違いありません。

 

水泳も免疫力アップにはもってこいと言われているぐらいおすすめなのですが、水泳のメリットとしては、どんなことが考えられるでしょうか。

 

まず、水泳は有酸素運動であることが挙げられます。この有酸素運動という点が、免疫力アップの大きなポイントなのですが、酸素を十分に体内に取り入れることによって、免疫力そのものがアップする仕組みになっているのです。

 

また、体内における脂肪を燃焼させることも必要になります。脂肪は単体では燃焼することはなく、酸素の量が十分になってこそ、そこで初めて燃焼される仕組みになっているのです。

 

水泳では、どんな泳法であっても、酸素を取り入れることになりますが、これでこそ脂肪燃焼が可能になるのです。次に、水泳は全身を使う運動であることが挙げられます。

 

多くの運動の場合、下半身を中心に行うことが多いですが、水泳の場合は上半身も下半身も共に使用することになるので、それだけ筋肉を鍛えることにも繋がっていきます。

 

もし筋肉の量を増やすことができれば、同じ運動でも代謝のレベルが上がるので、運動の能率をアップしたいという方には、水泳は非常におすすめのスポーツであると言えるのです。

 

正しい水泳の仕方

 

言うまでもなく、長い目で免疫力アップを考えているのであれば、水泳によって全身運動をし、全身の筋肉を鍛え、効果的な免疫力アップを図っていきたいところです。

 

しかし、いくら水泳が効果的とは言えども、方法を間違えてしまえば、水泳を行う意味がありません。

 

それならば、実際に免疫力アップのための水泳にトライする前に、正しい水泳の仕方に関して押さえておきたいものです。では、正しい水泳の方法については、どのように考えていけば良いでしょうか。

 

まず、水泳を行う際は、自分に無理をしすぎないことです。初めの段階から無理な量で運動をしてしまうと、その後長続きしなくなってしまい、挫折のもととなってしまいます。

 

これではせっかく水泳を始めたとしても、効果が出ないで終わってしまい、意味がありません。自分がこなせる量よりも少しだけ無理をするという考え方は問題ないですが、無理の程度が過ぎてしまうことだけは、絶対に避けないといけません。

 

あくまでも適量をコンスタントにこなすからこそ、効果が出てくるし挫折をしないで済むのです。次に、水泳後の食生活についても、気をつけないといけないところです。

 

もし食生活そのものがあまり変わっていないようであれば、どんなに水泳を頑張ったとしても、水泳の意味がなくなってしまいます。

 

免疫力がきちんとアップするかどうかについては、正しい食生活を実践できるかどうかという点も欠かすことができません。バランスの良い食事を取り入れていくことで、免疫力の向上に繋がります。

 

関連ページ

ウォーキングで免疫力アップ
ウォーキングは免疫力アップに繋がるのみならず、負担が少なくしてスタートできるのです。
筋トレで免疫力アップ
筋肉の量を増やしてより効果的に有酸素運動が可能になる方が嬉しいものです。同時に、十分な量の筋肉は、免疫力アップのポイント。