MENU

筋トレで免疫力アップ

 

免疫力アップを試みているのであれば、まずはウォーキングや水泳といった有酸素運動を積極的に取り入れていくことが何よりです。

 

そして、それに慣れてきたら、筋トレという無酸素運動を取り入れてみると、期待できる効果が更にアップします。それならば、無理のない程度で構わないので、筋トレを行っていきたいですが、筋トレのメリットとしては、どんな点が挙げられるでしょうか。

 

まず、筋肉の量が客観的に増えることです。もし筋肉を増加させることを考えているのであれば、この点は嬉しく感じます。実際に筋肉の量が異なってくれば、基礎代謝も異なってきます。

 

もちろんですが、運動の際の負担が同じなのであれば、少しでも効果が高く出る方が望ましいものです。それが可能になるかどうかは、筋肉の量にかかっています。

 

それならば、筋肉の量を増やしてより効果的に有酸素運動が可能になる方が嬉しいものです。

 

同時に、十分な量の筋肉は、免疫力アップのポイントでもありますから、やはり筋肉を鍛えることは、欠かすことができません。次に、筋肉の量が増えれば、無駄な脂肪が減ることになります。

 

つまり、肥満を防止してくれるのです。肥満は免疫力アップを妨げてしまうだけでなく、色々な病気を招いてしまうことになるので、できることなら早い段階で対策を打っておきたいものです。

 

以上の点から考えると、筋トレを取り入れることによって、トレーニングの密度をアップするのがお勧めであると言えるのです。

 

正しい筋トレの仕方

 

いくら筋トレが免疫力アップに繋がる運動だとは言えども、正しい筋トレをすることが求められるのは、言うまでもありません。

 

もし正しい筋トレをすれば、程よい筋肉がつくことになるし、筋トレの方法が間違っていれば、体に無駄な負担をかけてしまい、同時に体を壊してしまうことになります。

 

それならば、免疫力アップに臨む前に、正しい筋トレの方法に関して知識を深めておきたいものです。では、正しい筋トレの方法ですが、どのように考えれば良いでしょうか。

 

まず、自分が持ち上げることのできる重さから始めてみることです。この際、早く筋肉をつけたいからといった理由で、重いバーベルを持ち上げるなどしたくなるかもしれないですが、焦りは禁物です。無理な筋トレをしたところで、筋肉を傷めてしまうだけなのです。

 

自分が持ち上げることのできる重さをこなすことができたら、そこから徐々に負担を大きくしていきます。重さを増やすことに関しては、長期的なスパンで行うことが必要です。

 

その方が無理なく筋トレに取り組むことができるからです。次に、バーベルなどを持ち上げる際には、ゆっくりと持ち上げることです。

 

バーベル以外の器具でも言えることなのですが、ゆっくりと動かすことによって、筋肉に効果的に働きかけることが可能になります。

 

もちろんですが、どんな筋トレを行うにしても、正しい姿勢で取り組むことが求められるのは、言うまでもありません。正しい姿勢によって、怪我を予防することができるのです。

 

関連ページ

ウォーキングで免疫力アップ
ウォーキングは免疫力アップに繋がるのみならず、負担が少なくしてスタートできるのです。
水泳で免疫力アップ
水泳は有酸素運動であることが挙げられます。この有酸素運動という点が、免疫力アップの大きなポイント。